長野で終活、離婚、LGBTsのことなら行政書士伊藤安芸事務所へ!

改葬(墓じまい)の注意点

改葬とは

改葬とは、今あるお墓を処分し、そこに納められている遺骨を取り出し、新たなお墓や場所に埋葬し直すことです。
墓じまいはこの改葬の一つです。

 

改葬の方法

各自治体により違いもありますが、大まかには次のプロセスで進めます。

@新しいお墓の管理者(お寺や霊園)から受け入れ許可証をもらう
 ▼
 ▼
A今あるお墓の市町村で改葬許可申請書をもらう
 (ダウンロードできる自治体も増えています)
 ▼
 ▼
B今あるお墓の管理者(お寺や霊園)からAの許可申請書に埋蔵証明のサインをもらう
 ▼
 ▼
C今あるお墓の市町村で改葬許可証をもらう
 ▼
 ▼
Dお墓から遺骨を取り出し、新しいお墓の管理者に許可証を提出し納骨する

これが一連の手続きです。
自治体やお墓の管理者に何度か出向いたりすることが必要となりますが、決して難しい手続きではありません。
しかし、ではなで昨今この改葬が問題になっているのでしょう?
次に大まかなチェックポイントをまとめます。

 

改葬にあたってのチェックポイント

・家族や親族と改葬について合意ができているか
 →一人で勝手に決めるのはトラブルのもと
・改葬後の遺骨をどうするか方針は決まっているか
 →行き先が決まらないと許可申請できません
・新しいお墓の宗派はこれまでと同じか、違うのか
 →宗派不問でも改葬後はその霊園(お寺)の宗派での供養になります
・寺院墓地の場合菩提寺にあらかじめ改葬の意思を伝えているか(お寺との関係の確認)
 →いきなり一方的に改葬すると告げてはいわゆる「離壇料」などのトラブルになりかねません
・墓石撤去の業者の選定
 →霊園指定の業者があるかもしれません

これ以外にもそれぞれの希望や状況によってチェックポイントは様々です。

 

当事務所では葬祭カウンセラーでもある行政書士がしっかりヒアリングをすることで可能な限りトラブルを軽減した改葬のお手伝いとともに、本当にご家族が望む供養についてもご提案します。

関連ページ

遺言原案作成
長野市で終活(エンディングノート・遺言・墓じまい)や離婚、LGBTsに関するサービスを提供する行政書士・葬祭カウンセラーが運営するサイトです。 行政書士・葬祭カウンセラーとしての知識にこれまでの私の経験をプラスして情報をお届けします。
エンディングノート記入サポート
長野市で終活(エンディングノート・遺言・墓じまい)や離婚、LGBTsに関するサービスを提供する行政書士・葬祭カウンセラーが運営するサイトです。 行政書士・葬祭カウンセラーとしての知識にこれまでの私の経験をプラスして情報をお届けします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
事務所代表あいさつ 取扱い業務 事務所概要 お問合せ